ジョブズ情報通信|熊本県・熊本市の住宅リフォーム(キッチン、お風呂、 トイレ、リノベーション)ならジョブズにお任せください

MENU

お電話ください! 10:00-18:00(水曜定休)

0120-370-067

  • リフォームの相談がしたい ショールーム来店予約
  • リフォームの費用を知りたい お問い合わせ・ご相談

ジョブズ情報通信STAFF BLOG

HOME / ジョブズ情報通信 / トイレのリフォームで気をつけることってある?押さえておきたいポイントをご紹介

トイレのリフォームで気をつけることってある?押さえておきたいポイントをご紹介

リフォームのノウハウ

2024.03.22 (Fri) 更新

著者情報
片山 晃会
片山 晃会 熊本県山鹿市出身

熊本県立大出身 2級建築士 趣味はスノーボード
リフォーム業界歴10年でお客様が分かりやすくリフォームが出来るお手伝いを心がけます

トイレを一度リフォームすると10年~20年程度リフォームを行う必要がないので、失敗がないようにリフォームをしたいですよね。
そこで今回はトイレのリフォームについて、トイレのリフォームで押さえておいた方が良いポイントをご紹介します。

目次

1.トイレのリフォームで起こりえる失敗とは?
2.トイレのリフォームで押さえておきたいポイント
3.まとめ

1.トイレのリフォームで起こりえる失敗とは?

床を木材にしたら、黒ずみが出来てしまった

トイレの床も一緒にリフォームされる際、床材をフローリングにしたら、黒く変色してしまったとお客様から伺ったこともあります。
フローリングは、見た目は良いのですが、水に弱いので、水ハネや汚れをそのままにしてしまうとシミが出来てしまいます。

機能性を比較すればよかった

トイレの機能性は、価格によって違います。
グレードの低い商品は価格が安いのですが、機能性がついておらず、逆にグレードの高い商品は、価格が高く、多機能です。
節水効果が高いものや、自動開閉の機能のある便座、使うたびにキレイを保ってくれる機能もあり、予算に合わせて選ぶことが出来ます。
多機能すぎると使いこなせない場合もありますが、機能性がない商品の場合は、あの機能を付けておけば良かったと思う場合もあるかもしれません。

落ち着かない空間になってしまった

トイレのリフォームをされる方は、トイレの交換だけでなく、内装も一緒にリフォームされる方も多いです。
ただ、内装のリフォームをするなら、今までと雰囲気を変えたいと思い、派手な柄をお選びされる方もいらっしゃいます。
派手な柄を選んでしまうと、飽きがきてしまったり、落ち着かない空間になったりすることもあります。

収納を設置したけれど使用していない・狭くなった

トイレにキャビネットがある商品や手洗い器に収納がついている商品があります。
すっきりとしたトイレにしたくて、収納が出来る商品を選んで設置したけれど、使い勝手が悪く、ほとんど使用していないのも失敗の1つです。
また収納を設置したせいで、トイレが狭くなり、掃除がしにくくなることもあります。

2.トイレのリフォームで押さえておきたいポイント


いくつかのポイントを押さえると、失敗も減りますので、ポイントをご紹介します。

どのようなリフォームを行うかを決めておく

トイレのリフォームは、トイレのみの交換をするのか、内装の工事や手洗い器の取り付けも行うのかで費用や施工の時間が変わってきます。
また、タンクレスの商品かタンク付きの商品にするのか、便座の機能はどのような機能までつけるのかでも金額が変わりますので、リフォームの内容を先に決めておきましょう。

価格だけでなく機能性も比較する

トイレは一度リフォームすると、10~20年使用が出来ますので、ぜひ便座の機能の比較をして、商品の選定をしましょう。

床材は、防水・耐水性・耐臭性等に優れた商品を選ぶ

トイレの床は、防水・耐水性・耐臭性等に優れた商品を選ぶことで、見た目もキレイでお掃除がしやすくなります。
よく選定して頂く床材の種類を比較してご紹介します。

●クッションフロア
トイレの床で、よく選定される商品です。
防水性に優れていて、汚れがつきにくいのが特徴で、デザインの種類も、種類がたくさんあります。
長年使用していると、変色やひび割れ、剥がれが起こる場合もあります。

●フロアタイル
タイル状に加工された塩化ビニル樹脂の床材で、クッションフロアと比較すると、耐久性があり、キズがつきにくい特徴があります。
色やデザインのバリエーションが豊富です。
クッションフロアと比較すると高くて、施工の時間がかかってしまいます。

●フローリング
フローリングにも種類があり、耐水性に優れた商品もあります。
耐水性に優れたフローリングを選定頂くと、他の部屋との統一感を出しやすくなります。

クロスは機能性の高いものを選定する

床と同様にキッチンも耐水性に優れた商品があります。
デザイン性のあるものを選びがちになりますが、消臭や汚れ防止の機能があるものをお選び頂くことで、お手入れが簡単になり、悪臭も消臭してくれます。
また、その他、撥撥水機能があるクロスは、他のクロスと比較すると、汚れにくく、拭き取りやすいので、掃除が簡単です。

3.まとめ

今回は、トイレのリフォームについて、トイレのリフォームで起こりえる失敗とトイレのリフォームで押さえておきたいポイントをご紹介しました。

トイレのリフォームを行う際は、まず、どのようなリフォームを行うかを決め、商品を比較しましょう。
床やクロスのリフォームも一緒に行う場合は、ぜひ機能性のあるものを選定されるのをお勧めします。

熊本でトイレのリフォームをご検討されていらっしゃる方は、弊社でも可能ですので、ぜひお問い合わせ下さい!

★シアーズホームの住宅リフォーム専門店 jobs<ジョブズ>では、熊本市内に2か所のショールームを完備しています。
リフォームに関してのご相談がありましたら、是非ご来場ください。
ショールームの予約はこちらをクリック!

★メールでのご相談・お問い合わせも受け付けております。
ホームページでのお問い合わせはコチラをクリック!

★HPでは豊富なリフォーム施工事例を紹介しています。
リフォーム・リノベーションの施工事例をご覧になりたい方はコチラをクリック!

★お電話でも、ご相談や見積依頼、ご不明点をお伺いできますので、お気軽にご連絡下さい。
ショールーム電話番号:0120-370-067

  • ご来店予約はこちら 待ち時間なしでご案内 じっくり相談ができます 実際の商品が見られる 事例をたくさん見られる クオカードが貰える
  • 無料見積もりはこちら 相談無料 見積り無料 ご提案無料 何でも相談できる 事前見積りで安心

お急ぎの場合は
お気軽にお電話にてご連絡下さい

受付時間 10:00-18:00(水曜定休)

0120-370-067

通話無料 携帯電話
OK